役行者霊蹟札所会

現在の位置

ここからメインの本文です。

吉水神社(よしみずじんじゃ)

写真:吉水神社境内

山号

祭神後醍醐天皇

創建白鳳時代

開基役行者

宗派神道

神社案内

吉水(よしみず)神社は、白鳳時代に役行者によって開かれたと伝えられ、明治維新までは「吉水院」という吉野修験宗の寺院とでした。しかし、明治八年に布かれた「神仏分離令」という国法によって神社に改められ、現在に至ります。

吉水神社がまだ吉水院と言われていた昔、ここは数々の歴史の舞台となった場所でもありました。文治元年(1185)、源義経は弁慶や静御前らと共に、兄頼朝の追っ手から逃れ、当社にしばらく潜伏していたという伝説があります。いま、吉水神社には、「義経潜居の間」「弁慶思案の間」と名付けられた部屋があり、義経らの遺品とされる物も多数伝わっているのです。また鎌倉時代末、延元元年(1336)には、後醍醐天皇が吉野に落ち、当社を南朝の行宮(あんぐう)としています。後醍醐天皇は、京に帰る日を夢見ながらこの地で命終しており、今に至るまで保存されている後醍醐天皇の玉座にその昔を想うことが出来ます。また、豊臣秀吉は文禄三年(1594)、吉水院を本陣として盛大な花見を催して、自らの権勢を世に示しています。

吉水神社には二百十数点の文化財が伝わっており、南朝に関する資料は日本随一といわれるほどで、後醍醐天皇の玉座がある書院などは初期書院造りの傑作であり、日本最古の住宅建築として重要文化財指定されています。

← このページの先頭に戻る

・ 三十六寺社紹介へ戻る

吉水神社周辺地図

以下の地図では、地図左側にあるいくつかのパネルを操作するか、地図上を直接クリック&ドラッグすることによって、表示箇所の移動や縮尺の拡大・縮小など自由に行うことが可能です。また、右上のパネルを操作することによって、航空写真などの表示に切り替えることも可能です。

さらに大きな地図を、印刷などするためにご利用の場合は、グーグルマップを参照して下さい。別ウインドが開いて、より大きな地図を閲覧できます。

← このページの先頭に戻る

← 三十六寺社紹介へ戻る

交通案内

電車ご利用の場合

近鉄吉野線「吉野」駅下車。ロープウェイに乗り換えて「吉野山」駅へ。バスに乗車して「中千本」下車後、徒歩約10分。

自動車ご利用の場合

国道169号線から吉野大橋を渡り、「吉野神宮駅」前を吉野神宮方面に右折。吉野神宮を通過して約10分にある「吉野山観光駐車場」に駐車のこと(他に駐車場無し)。

← このページの先頭に戻る

← 三十六寺社紹介へ戻る

所在地

〒639-3115 奈良県吉野郡吉野町吉野山578
電話:07463-2-3024
ホームページ:http://www.yoshimizu-shrine.com/(別ウインドウでリンク先を表示します)

← このページの先頭に戻る

・ 三十六寺社紹介へ戻る

・ トップページへ戻る

メインの本文はここまでです。


このページは以上です。